話題のネタを一刀両断

指原莉乃 【指原の乱・スキャンダル・トイレ】気になる真相は?

2013-11-03_064248

■ 指原莉乃 【指原の乱・スキャンダル・トイレ・給料安い・重大発表】気になる真相は?

2013-11-03_064248

 

  今日はさしこちゃんの気になるキーワードまとめか!総選挙で1位になってから注目度急上昇しとるから、いろいろなキーワードが出とるな( ゚ε゚;)ムムッ

 

 前回の高橋みなみちゃんの時はある程度キーワードに統一感があったけど、今回はバラエティに富んでるわね!じゃあ、早速いっちゃうわよ♪

 

■ 指原莉乃 注目キーワード① 【指原の乱】とは?

2013-11-03_054923

 

 これはみんなご存じのとおり、指原莉乃さんの冠番組のタイトルね^^今年のAKB48の選抜総選挙」で、指原さんが栄光の第1位を勝ち取ってからの初の冠番組なの!『勇者ヨシヒコ』シリーズや指原莉乃とのタッグで話題を呼んだ『ミューズの鏡』の監督:福田雄一さんがこの番組の構成を担当されてるわね。指原さんの強烈なキャラクターに翻弄される関係者たちをよそに、いろんな所で波乱を巻き起こしながら進行していく、リアル(?)・ドキュメント・バラエティということで注目されてるんだけど、みんなの感想が・・


・画面上は指原の大写し、製作スタッフは音声のみ、視聴環境にもよるがおっさんの声が頭の後ろのほうから全編にわたり聞こえてくるのは耐え難い。そもそも、裏方が出てくる番組は、現場ノリ、内輪ウケのよなものが視聴者を遠ざける。

・まず二十歳そこそこのアイドルが単独で冠番組を持っている、この圧倒的な凄さがまず判ってないんだろうね。そして”自信を持つ”という事と”自惚れる”という事を履き違え­てる

・正直ハマらなかったです。見る側のリテラシーの問題か?面白さがわかんない。
下り坂のAKBを象徴してるのかな。

 

 面白い!っていう意見ももちろんあったけど、こんな感じの”つまらない”というコメントが多かったのがちょっと気になるトコね(´ε`;)ウーン…

 

■ 指原莉乃 注目キーワード② 【スキャンダル】とは?

2013-11-03_064351

 

 これも今さら?感が強いけど、知らない方のために一応まとめておくわね^^
このスキャンダルは指原さんの元カレと名乗る人物が、以前指原さんとお付き合いをしていたこと、さらに写真や当時のメールをリークしたことで、週間文集に掲載されてしまったことが発端よ。

 

具体的な内容はこんな感じね!
2013-11-03_061525

■ 2008年か2009年にかけて、指原さんがまだ研究生時代に深い男女の関係をもっていた。

■ 自称元カレは、AKBのファンでよく舞台を見に行っており、その際指原の方から積極的にアプローチしてきて連絡をとりあうようになったことを暴露

■ その当時の証拠画像として、上半身裸の画像や顔を隠してチューしている写真を掲載

 

  このスキャンダルが原因で指原さんはAKBからHKTへ移籍、さらにはこの元カレに対しても指原さんのファンから脅迫を受けるという事件にまで発展してるわヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ お金ほしさのリークで命とられたら本末転倒もいいとこよね。。

 

■ 指原莉乃 注目キーワード③ 【トイレ】とは?

2013-11-03_064219

画像はトイレとは関係ありませんので。。あしからず

 

 これは指原さんが、テレビ番組で一人暮らしの様子を明かしたことからヒットしたキーワードね!内容なんだけど、指原さんは「一番好きな瞬間が、トイレに座って『おーい、誰か見てー!』と大声で叫ぶ時」らしいのよ。当然一人暮らしだから何も返事返ってこないじゃない?

 

その時に「何も返ってこないので、1人だということを実感できるのがいいんです♡」と理由を説明して、出演者全員理解不能で「ヤバイ」とドン引きしていたらしいわチ──(´-ω-`)──ン 私みたいな、単独行動大好きな猫でもちょっと理解に苦しむわ(´ε`;)ウーン…

 

 いろいろ出てきたが、最後のトイレがさしこちゃんのキャラがまんまでてて笑っちゃたゾ。・゚・(ノ∀`)・゚・。 自然体の天然キャラはAKB、もといHKBの中でもオンリーワンの存在だから、一挙手一投足が注目されちゃうんだな。人気があるっていう証拠だよ!

 

 指原さんに関しては、まだまだ注目キーワードが実はあって現在調査中なの。なのでまた明日続編をみなさんにお伝えするわね♪

 

 また、明日も遊びにきてね♪ 待ってるよ~^^

LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る