話題のネタを一刀両断

クリロナ・ベイル・ジュニーニョ・本田圭佑・・・・ 無回転シュートが芸術的すぎ!! ヤバイ動画まとめてみた

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

 ■ クリロナ・ベイル・ジュニーニョ・本田圭佑・・・・ 無回転シュートが芸術的すぎ!! ヤバイ動画まとめてみた

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_mお!今日は俺の大好きなクリロナ・ベイル・本田圭佑さんが勢ぞろい!!この方達の共通項といえば・・・

 

大の女好きってか~ψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016そんなネタしません(笑)今日はこの錚々たるメンバーの芸術的なシュートについてのお話よ♪

 

■ 現代サッカーの驚異 無回転シュートとは?

613f789c6a551e805448cd9d4f1b2761_s

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016みんなも知ってのとおり、ここに名前の挙がった方達はシュートはシュートでも『無回転シュート』を得意とする人たちなのよ!!

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_mあ~なるほど!そういうカテゴリーなのね(;´∀`) でもたしかに、ここ最近のサッカーでは無回転シュートが流行しとるよな~♪ ちょっと前はあんまり打つ人いなかった記憶あるけど・・・。

 

ちょっとぼくにもその4回転シュート教えてよ~!!

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe30164回転じゃなくて無回転よ(笑)フィギュアとまじってるから。。

 

【サッカー雑学】無回転シュートの原理・蹴り方

 

一般的にボールが回転せずに進むと、飛ぶ後方には空気の乱れが渦となり、その渦がボールを押し出します。

さらにボールスピードが早ければ早いほど渦の力は強くなり、ボールは無回転となって不規則な変化を起こしやすくなります。

こうした要素が満たされてはじめて無回転シュートは生まれます。その特徴はゴールキーパーが読めない軌道を描いてボールが飛んでいく、通称「ブレ球」と呼ばれるものです。

蹴り方のコツとしては、とにかく強く早いキックをボールの芯に当てるということです。足を直線的に振るのではなく、斜めに振り出し、遠心力の作用を最大限利用してパワーを大きくすることが重要になります。

これは余談ですが、ここ数年で急激に無回転シュートが増えてきたのには、一つ理由があります。

それは、ボールが技術の進歩により限りなく円に近い形状で作ることができるようになったことです。

正確な円であればあるほど、無回転のボールには強烈な渦が起こり、それによって激しいブレを生じさせるのです!! 正面なのにセーブできない。。 キーパー泣かせの無回転シュートの進化はボールの進化とともにあると言っていいでしょう。

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016どう?マメボー、少しは無回転シュートのこと分かった? んじゃ原理が分かったところで、みんなでそのあり得ないシュートを見てみましょう♪

 

■ ありえないブレ方!! ヤバイ無回転シュート動画まとめ

 

クリスティアーノ・ロナウド


右足一閃で蹴られたボールがえげつない角度で落ちてますね。。まさにフォークボールフリーキック!! 何度見てもヤバイ!!
本田圭佑


これは日本中が興奮したワールドカップ2010南アフリカ大会での本田圭佑さんの無回転フリーキックですね。スピードはそこまで出てないけど、軌道が不規則なのでキーパーも反応が完全に遅れてますね!


本田圭佑さんの無回転2発目。これもありえない軌道を描いてます。キーパーかわいそうです。。
ジュニーニョ

キーパー川口さんがボールの軌道上にいるのに、かすりもしてません。 相当ブレていることがよく分かりますね!

ギャレス・ベイル

「どこに飛んでいくか自分でも分からない」その言葉通り、完全にゴールの外側から一気に落ちてズドン!! もはやゲームの世界です。

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_mΣヽ(`д´;)ノ うおおおお! こ・これはどれも半端ない無回転っぷりだな~!! 操縦不可能なボールがゴールに吸い込まれる瞬間のキーパーの夢をみているかのような表情がシビレルな~(∀`*ゞ)エヘヘ 無回転シュート、俺も一度は蹴ってみて~!!!

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016(ご主人さまは、人生そのものが操縦不能になってるから、ある意味立場上かもね。。)

LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る