話題のネタを一刀両断

IZAMと吉岡美穂のクレーム芸が嫌い!! これってやらせでしょ!?

fb3c0a9c5670c50833953a1606c96a7b_s


■ IZAMと吉岡美穂のクレーム芸が嫌い!! これってやらせでしょ!?

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_m  あら~今回はIZAMさんの登場かい^^ 昔はSHAZNAのボーカルとして女の子のような綺麗な顔してたけど・・・すっかりおっさんになってしまったな。。

 

8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016 今の若い子たちはSHAZNA自体を知らないんじゃないかしら? 昔はかなり人気あったんだけどね(;´∀`)

 

Sponsord Link

 

【マメ知識】ビジュアル系バンド SHAZNAとは?

2014-02-10_222938

SHAZNA(シャズナ)はヴォーカルのIZAM、ギターのA・O・I(現A O I) 、ベースのNIYで編成される3人組のユニットとして1993年に結成。

1997年、新たにレコーディングした代表曲「Melty Love」を表題作としたCDシングル『Melty Love』でメジャーデビュー。

88万枚のヒットを記録する。同年、一風堂の『すみれ September Love』をカバーし、こちらもスマッシュヒットを記録。

また、この年の日本有線大賞最優秀新人賞を受賞した。

1998年にリリースした1枚目のフルアルバム『GOLD SUN AND SILVER MOON』はミリオンセラーを記録し、

日本ゴールドディスク大賞「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

その破竹の勢いは「SHAZNA現象」と呼ばれ、社会現象にもなった。

しかし、あまりに急騰した人気のために1日の睡眠時間が1 – 2時間しかないという常軌を逸したスケジュール、

利権をめぐる関係者が増えるにしたがい音楽活動にしがらみが生じ始め、みるみるうちに人気は低迷。

『Melty Love』によるメジャーデビューから3年後、2000年10月のツアーを経て、

11月の所属事務所主催イベントへの参加を最後に、SHAZNAは活動を休止した。

※Wikipediaより引用

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_m  う~む。時の流れは残酷だな。。もうさすがにビジュアル路線は厳しいな( TДT)

 

  8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016 それはIZAMさん自身重々承知していて、今新しいキャラでテレビの露出が増えてるのよ!

 

  __utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_m それ知っとるぞ( ̄ー+ ̄)キラリ 奥さんの吉岡美穂さんに怒られるやつだろ??

 

  8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016 吉岡美穂さんの恐妻家キャラはちょっと前からあったんだけど、今話題になってるのは、IZAMさんのクレーマーキャラなのよ!

 

  ■ これってやらせ? IZAMのクレーマーキャラまとめ

Sponsord Link

 

・スーパーで生のマグロがないことに腹をたて、店員を問いつめ、市場が休みという回答に「やれよな!待ってる人がいる!消費者がいる」の一言。

・外食先でステーキを食す際、焼き方に文句をつけて、再度ステーキを焼き直させる

 

  __utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_m ちょっとスト~~ップ!!これ、クレーマーというかただのわがままやん(笑)これでテレビの露出が増えてるって・・・ちょっとハードル低すぎやしないか(;・∀・)

 

  8785edd5da6c08821f3ad14e4dfe3016 やっぱそうよね。。しかも不思議なのは、ちょっと前は吉岡美穂さんにまったく頭が上がらないキャラだったのに、このクレーマーキャラに変わってから吉岡美穂さんがIZAMさんにに対して何も言えないキャラになってるのよ。。これは完全に夫婦での自作自演、要するにやらせってやつよね?

 

__utf-8_B_44Gq44KB44GT77yG44GX44KT44Gh44_m IZAMさん、完全に芸能界の荒波の中で迷子になっとるな。。こりゃ次のキャラが立つのも時間の問題だな(´ε`;)ウーン…

 

 次はおネエキャラ⇒裸芸⇒芸能界フェードアウトの3段オチとみた(´∀`))ケラケラ

 

Sponsord Link

LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る